平成31年(2019年)神奈川県公立高校美術科志願変更後倍率

神奈川県公立高校 美術科・総合学科 志願者倍率情報

神奈川県のホームページで、神奈川県公立高校の志願変更後の受験倍率一覧が発表されています。

その中から、美術科・総合学科の高校の志願変更後の倍率をピックアップして一覧にしています。

神奈川県公立高校2019年志願変更後の受験倍率

募集人員 1/30志願者数 2/6志願者数 増減数 倍率 前年度最終実質倍率
弥栄高校 美術科 39 68 67 -1 1.72 1.31
上矢部高校 美術科 39 50 48 -2 1.23 1.79
白山高校 美術科 39 55 54 -1 1.38 1.28
川崎総合科学高校 デザイン科 39 61 61 0 1.56 1.26
神奈川総合高校 普通科個性化コース 159 326 302 -24 1.90 1.45
みなと総合高校 総合学科 232 381 334 -47 1.44 1.33
横須賀総合高校 総合学科 320 463 442 -21 1.38 1.22

全体的な流れとしては、美術科を希望する受験生の志願変更は、倍率が高めだったとしても微減する程度の傾向にあります。どうしてもその高校の美術科へ入りたいと希望している生徒が多いのでしょう。

一方、総合学科の方は、倍率によって大きく増減しています。その結果、みなと総合高校と横須賀総合高校は、志願変更後の倍率は例年より微増にとどまりました。神奈川総合高校の普通科個性化コースは、1.9倍と大人気でした。

この記事を書いた人

アバター
美大ナビ編集部
美大受験のための情報サイト「美大ナビ」編集部です。
美術系高校受験情報や、匿名希望で投稿していただいた高校受験体験記などを発信しています。

美術コースの高校受験に関する記事を随時募集中です。
あなたの経験を美術系高校へ進学を希望する中学生に伝えませんか?

関連する記事(一部広告)