デッサンに自信がなくても美術系高校を諦める必要はない

美術系高校への進学を考え始めた時期が遅く、実技試験の鉛筆デッサン対策が不十分だったとしても、美術系高校受験を諦めるのはまだ早いのではないでしょうか。画力に自信がない人の受験戦略についてご紹介します。

美術予備校で自分の画力の位置を知ろう

美術系高校への進学を考え始めたのが夏休み以前なら、夏休みに美術予備校の夏期講習への参加をオススメします。夏期講習は多くの美術予備校で開催されていますし、通える日だけ1日単位で申し込める学校がほとんどです。1日でも多く通えるのがベストですが、塾とのスケジュールを調整しながら予定を立てることもできます。夏休みが始まっていたとしても、後期から受講することもできるので、諦めずに近くの美術予備校へ問い合わせてみましょう。
 
経済的な理由から美術予備校へ通うことが難しくても、定期的に開催している無料体験授業などに参加してみることをオススメします。無料体験授業であっても、講評まで行ってくれる学校がほとんどなので、他の生徒の画力から自分の実力を測ることができますし、絵を論理的に評価してくれるので、学ぶことの多い貴重な時間になるはずです。
 
また、無料体験授業と合わせて、個別相談会を開催している美術予備校も多く、美術系高校への受験相談をすることもできます。美術予備校には、過去問題、学校ごとに求められるポイント、必要な学力など美術系高校受験に関するノウハウが蓄積されています。通学前でも惜しみなく教えてくれる先生がほとんどですので、受験対策のために相談しておきましょう。

 
美術予備校に行ってみることで、自分に向いている高校、実技試験の内容、受験までに必要なデッサン時間、必要な内申点などの受験情報を手に入れることができます。
 
 

学力に自信があるなら偏差値高めの高校または総合学科を狙う

高校入試の実技試験に多い鉛筆デッサンに求められるのは、生まれ持っての絵のセンスではありません。時間を掛ければ掛けるだけ、絵を描けば描くだけ、だれでも身につけることのできる基礎的な画力です。
 
全ての受験生には、平等に1日は24時間しかありません。画力のある受験生は、勉強する時間を削って、デッサンの時間にしているに過ぎません。
そのため、美術系高校への進学を希望する受験生は大きく2つのタイプに分かれてきます。まずは、デッサン経験の豊富な画力に自信があるが学力には不安があるタイプ、そして、学力には自信があるが画力に不安があるタイプです。画力も学力もどちらも優れたスーパーマンタイプは少数派なので、恐れ過ぎることはないのです。
 
学力に自信があるなら、学力で勝負のできる高校を選ぶことが合格の近道になります。東京都在住であれば、都立工芸高校に学力のある生徒、都立総合芸術高校に画力の高い生徒が合格しやすい傾向が見られます。
 
都立工芸高校は偏差値も高めですが、実技試験がありません。学力で勝負できるので、高校に入ってから美術の力をじっくり身につけて行きたい受験生に向いています。
都立総合芸術高校の場合、推薦の実技試験は3時間の鉛筆デッサンで、一般入試の実技試験は4時間の水彩画になります。過去問を確認すると、モチーフの多さや質感の違いなど、求められる画力の高さに圧倒されてしまうかもしれません。都立総合芸術高校を目指すなら、中学3年からでも間に合いますので、十分な実技対策計画を立てることが重要になります。
 
 

神奈川県在住なら、学力があるなら、学力だけで勝負ができる神奈川総合高校などの総合学科を目指すのも一つの方法です。神奈川最難間の美術科は弥栄高校ですが、学力もオール4ぐらいで画力の基礎力もある受験生が合格する傾向にあるので、学科と実技の同時進行の対策が必要になってきます。

  

学力も画力も自信がなくても育ててくれる高校はあります

学力にも画力にも自信がなくても、しっかり育ててくれる高校があります。私立トキワ松高校なら、3年間で4年制美術大学へ合格できるようにカリキュラムや進学相談が組まれています。昨年度も美術コースの9割以上が4年制美術大学への合格をしていますし、多摩美術大学12人、女子美術大学15人など難関美大の合格実績があります。
 
入試に実技試験がありますが、求められるのは基礎的な部分だけです。毎年11月に開催される実技模擬試験を受けておくことで、実技試験に必要なポイントを知ることができます。
 
トキワ松高校は、横浜美術大学の系列校なので、難関美大に合格できなかったら横浜美術大学へ進学できます。とにかく現役合格にこだわる人には最適な高校ではないでしょうか。

 
 
美術系高校への受験戦略についていくつかご紹介させていただきましたが、最終目標が美大進学であれば、美術系高校にこだわりすぎる必要もありません。美大といえど、一定以上の学力が求められるので、何においても学力は必要なのです。
自分にあった進学先選びのヒントになれば幸いです。

この記事を書いた人

美大ナビ編集部
美大受験のための情報サイト「美大ナビ」編集部です。
美術系高校受験情報や、匿名希望で投稿していただいた高校受験体験記などを発信しています。

美術コースの高校受験に関する記事を随時募集中です。
あなたの経験を美術系高校へ進学を希望する中学生に伝えませんか?

関連する記事(一部広告)